木造の新築、注文住宅、リフォーム、古民家再生なら滋賀県近江八幡市の大治工務店

お住い拝見 vol.2 「土間のある家」

お住い拝見 vol.2 「土間のある家」

土蔵のよぅな外観、風や光が抜ける土間…。
美しい日本建築の家

風情ある城下町・近江八幡のシンボル「白壁の土蔵」をモチーフにしたKさんのお住まい。白い塗り壁と焼き杉の美しいコン卜ラス卜が印象的です。 竣工して6年目を迎え、木の風合いが増しています。外土間はガレージと 玄関を結ぶ通路になっており、外と内が自然につながる場に。和室にも面して縁側の役割も果たし、四季の移ろいを暮らしに取り入れたり、人との出会いの場にもなります。雨の日には、3人のお子さん達が賑やかに遊べるだけの広さもあります。家族が日常を送るスぺースは、無垢材の床や現しの梁など木のぬくもりがたっぷり。年月を経て、どんどん味わい深くなっています。熟練職人によって隅々まできちんと造り込まれた「ニッポンの家」で、毎日を「心豊かに、丁寧に」暮らしていらっしやいます。

外土間に面した和室。
床柱は凹凸のある絞り丸太で、6寸もある桧を採用している。
床の間には小窓を設け、四季折々に咲く庭の草花が掛け軸のように。
熟練した左官職人ならではの聚楽塗りの壁は、日本の伝統色が美しい
樺ザクラ、桧、米松など木がふんだんに使われたLDK。
構造の梁を見せ、天井を限界まで高くしている。
透過性のある引き戸を使い、明るさはそのままで空間を分けることもできる
お子さん達のリクエス卜で職人さんが作ってくれた砂場。
キッチンやリビングから目が届く位證が選ばれるなど、細やかな配慮がされている
竣工して6年。
経年変化によって焼き板は味わいが深まり、白い壁とのコン卜ラス卜が美しさを増している。
屋根には風格のある日本瓦を採用
明るく設計された階段ホ一ルは読書スペースに。
造作した本棚が手摺り壁の役目を兼ねている
洗い出し仕上げの玄関。
御影石の踏み石はバーナー仕上げで細かな凹凸を出して、雨の日でも滑りにくく安全。
玄関ホ一ルには地窓も設けられ、広がりが感じられる
POINT
空気を浄化させてクリーンな室内
琉球サンゴの塗り壁に

リビングは、人と環境にやさしい「琉球サンゴ」を原料とする塗り壁に。
職人の左官仕上げでざっくりとした風合いを醸し出しています。空気を浄化したり、消臭・抗菌効果など健康に配慮した素材選びで安芯です。

イチから図面を引き、デザイン。
障子や扉など建具をオリジナル造作

障子や扉など建具はすべてオリジナルで造作しています。
無垢材や和紙など自然素材ならではのやさしい、表情は、空間にしっくりと馴染みます。和室の障子は細かな造りで、風や光の通り方を自由に調整できます。

DATA
施工総額 2000~2500万円 家族構成 夫婦(30代)+子ども3人
敷地面積 298.51㎡(90.2坪) 建築面積 160.24㎡(48.4坪)
工法・構造 木造軸組2階構造 竣工年月 2007年3月
新着情報