木造の新築、注文住宅、リフォーム、古民家再生なら滋賀県近江八幡市の大治工務店

お住い拝見 vol.3 「和める木の家」

お住い拝見 vol.3 「和める木の家」

黒いキユーブのなかは 和カフェみたいな癒し空間。
木肌はマッ卜でしつとりと

彦根市、旧家が建ち並ぶ古い町並みに計画されたUさんのお住まい。構造材に地元・滋賀県材を使用し、気候風土にあわせて調湿する造りです。 外観はスタイリッシュなガルバリウム鋼板の外壁を採用し、和モダンな印象に仕上げられています。大きな近隣住宅とのバランスやUさんのご予算に配慮して、建坪を29坪台に抑えながらも実際よりも大きく見えるデザインを工夫しています。また、家のなかは木をふんだんに使つたナチュラルな空間に。ツルツル、ピカピカではなく、しっとりとマッ卜に仕上げられた木のやさしい表情は、すぐにご家族に馴染んで居心地のよさを与えています。家具や建具はすべてオリジナルで製作。住むほどに味わいが深まり、価値が高まる木の家にとても満足されています。

朝から夕方まで光が入り、明るく居心地がよいキッチン。
対面式で木製カウンターが設けられ、家族と話しながらお料理が楽しめる
ゆったりと広いリビング。
床は木目が美しく耐久性に優れたオーク材を採用。
幅が広い材が選ばれ、木の存在感が伝わってくる
玄関からの廊下がないデッドスペースを省いた設計。
割れないアクリル板と無垢材で引き戸を造作し、分離させながらも光が抜けるように。
框には解体した旧宅の大黒柱が活かされている
スタイリッシュなガルバリウム鋼板でシャープなラインを際立せながらも、一部に木を使ってぬくもりを添えた外観。
構造材は滋賀県産の材木で頑強に骨組み
無垢の床はお子さんにも安心の植物系天然塗料で保護
「洗濯モノが雨に濡れる心配をせずに外出できるように」と、奥様の要望に応えて裏手には深い軒を設計
キッチンの家具は、家電や食器の大きさに合わせて製作されていて、使い勝手バツグン
階段ホールの手摺りは枕木のような角柱をレイアウ卜。
風と光を遮らず、意匠性も高い
POINT
床材との相性を考えた材種を選び、
家具や建具はすべて職人による手づくり

空間全体の統一感を考え、造作家具や建具は、収まりはもちろん、材種を吟味し、カラーコーディネー卜してオリジナルで製作しています。収納するモノを予め細かくヒアリングを行いますので、使い勝手が抜群です。

クロゼットは内側に杉板を貼り、
調湿効果のある木の洋服ダンス同様に

湿気がこもりがちなクロゼット、杉の優れた調湿効果でカラッとしています。通気のない奥でもカビの発生を抑えられるので安心です。また、木のいい香りが衣類に移り、天然のアロマ効果もあります。

銅を扱う地元のハンドメイド作家とコラボ
一点モノの手づくり照明で演出

城下町の土蔵を改装したアートギャラリーに集まるハ ンドメイド作家と交流をもつ建築士が、その作品を家づくりにも取り入れています。U氏邸では銅を手仕事で加工した照明、タオルハンガー、鏡フレームなどをオーダー。空間のアクセントになっています。

DATA
施工総額 1500~2000万円 家族構成 夫婦(20代)+子ども2人
敷地面積 313.58㎡(94.85坪) 延床面積 98.64㎡(29.84坪)
工法・構造 木造軸組2階構造 竣工年月 2013年3月
新着情報